トップ
 

 
<< 大好きなお庭* GW後半。 >>
最近の出来事。

メルもシフォンも元気に過ごしています^^

その中で、先日のハプニング。
庭に出ようとしたシフォンが開いている玄関のドアに前足を挟んでしまったようで
大声で鳴き、その後足を引きずるような仕草をとってしまい・・・。

すぐに病院に行き、診察してもらいました。
結果、人間で言う打撲症状だとか。
あー良かった・・・。
メルさんの事があるからね、折れているんじゃないかと心配しました・・・。
診察を終える頃には、シフォンもすっかりピンピン!
さすがだよ^^;

と、いうことでおふたりさんには狂犬病の注射と
フィラリアの検査を受けてもらうことにしました。

付き添いに来ただけのメルさんも突然の注射に戸惑い、
シフォンも注射を打つ前から泣き叫ぶ始末・・。
怖いよね。

フィラリアの検査は問題なく陰性。
一般血液検査も何の異常もないとの事で安心しました。

お薬を貰って帰宅。
さて、フィラリアのお薬をどーやって食べさせるか。
シフォンは、ご機嫌で食べてくれるので問題ないのですが
メルさんは、見向きもしないのでね。
ごはんに混ぜてもはじき出すし、また頭を抱える8ヶ月になりそうです。

そうだ!
この時、メルさんの気になっていた症状を先生にお話したんです。
散歩中に足をあげてしっこをするんですが、
足をケンケンしたまま3~5m進む行動は何かと。
そしたら、小型犬に多い遺伝性の脱臼症状だそうです。
正確な病名は長くて覚えられなかったんですが、
慢性的なものらしく、これ以上体重は増やさないようにと。
2.7kgと少し太ってしまったので気をつけないとなー。
こーゆうのって、年齢を重ねるごとに症状が重くなるような気がして
心配ですが、今からできる限りの対策は練ろうと思います。


次はワクチン接種に行かないと。
こちらもパパと色んな疑問があったので先生に聞いてみたんです。
1年に1回の接種ではなく抗体があれば見送った方がいいのではないかと。
先生はすごく丁寧に説明してくださり、海外では・・とか薬品会社は・・とか。
結果、混合ワクチンの中でも効き目が短いもの・長い効果があるものと異なるそうで、
切れたものを個別で接種するより、抗体を調べるために針を刺すより、
1年に1度ワクチンを接種した方がわんこの為にはいいのではないかとの結論に至りました。



今回写真もなく、だらだら長い文章だけですみませんm(__)m


[PR]
by caramel_chiffon | 2010-05-23 14:25 | 日常*
<< 大好きなお庭* GW後半。 >>